【自動売買EA】9/9週のポンドドルの利益は3,876円!

FX自動売買
FX自動売買 GBPUSD(EA)

フォワードテストを兼ねて、9/9週から自作のリピート系自動売買EA『slime-slayer』の運用を始めました。

この記事では自作の自動売買EA『slime-slayer』の週ごとの運用実績や設定方法、また『slime-slayer』開発の中で気付いたリピート系トレードの特徴などもまとめていきます。

のりポン
のりポン

運用する通貨ペアと設定値がしっかりしていれば、完全放置でもそれなりに利益が出ます。

それに加えてリピート系トレードの特徴を掴んでおくと、より安全で、より確実に利益を積み重ねることができますよ。

スポンサーリンク

自動売買EAによる9/9週のポンドドルの利益は3,876円でした

9/9週は6回決済して3,876円の利益でした

当ブログのロゴの透かしで見辛くなってますが、Android版MT4によるトレード結果のキャプチャ画像です。

自作のリピート系自動売買EA『slime-slayer』の9/9週の結果
【自作のリピート系自動売買EA『slime-slayer』の9/9週の結果】

自動売買EA『slime-slayer』(ポンドドル運用)週ごとの利益結果

運用週決済数利益
9/9週6回3,876円
累計6回3,876円
年率145.6%

9/9(月)~9/13(金)までの5日間で買いポジションを6回決済、9/9週の5日間で3,876円の利益が確定しました。

年率が145.6%と異常に高いのはサンプル期間が9/9週の5日間のみだからで、次週以降の利益の累計から差出するとドンドン低下するはずですw。

次週9/16週も、現在のEAの設定を変えずに引き続き運用します。

複利運用時の年率計算は「高校数学の美しい物語」さんで勉強させていただきました。

リピート系自動売買EA『slime-slayer』の設定値について

ポンドドル(GBPUSD)のリピート系トレード戦略

ポンドドル(GBPUSD)直近の週足
【ポンドドル(GBPUSD)直近の週足】

リーマンショック前の2007年11月には高値2.11610を付けていたポンドドルですが、2018年6月以降はその頃よりもレンジを3段下げた1.19571~1.33805間での値動きとなっています。

自作の自動売買EA『slime-slayer』では、この1.19571~1.33805間で運用しています。

リスクオン・モードの米ドルとEU離脱を巡る駆引き中の英ポンド、それぞれがより一層揉み合ってエントリーチャンスがさらに広がることを期待しています。

リピート系自動売買EA『slime-slayer』の運用環境は?

リピート系自動売買EA『slime-slayer』のポンドドル(GBPUSD)運用時の運用環境は、次の通りです。

EA運用項目運用内容
運用EA名slime-slayer(HH)_ver0.03-5.ex4
運用環境WindowsServer2012R2
(VPS上)
FX事業者XMTrading
レバレッジ888倍
対象通貨ポンドドル(GBPUSD)
初期証拠金138,781円
(入金:80,000円)
(XMボーナス:58,781円)

リピート系自動売買EA『slime-slayer』の設定値は?

リピート系自動売買EA『slime-slayer』のポンドドル(GBPUSD)運用時の設定値は、次の通りです。

設定項目設定値
売り注文上限価格1.33805
売り注文下限価格1.24688
買い注文上限価格1.28688
買い注文下限価格1.19571
単利・複利設定複利運用
注文方法順張り注文
想定値幅335point(=33.5pips)
初期ロット0.02(=2,000Lots)
スプリット5point(=0.5pips)
メール送信あり

リピート系自動売買EA『slime-slayer』設定値の特徴について

リピート系トレードでは「安全・安心・安定」して利益を積み重ねるために、対象通貨ペアに合わせてリピート条件を柔軟に設定することが大切です。

今回、自作のリピート系自動売買EA『slime-slayer』でポンドドル(GBPUSD)を運用するにあたり、各設定の特徴を解説します。

売り・買いを両建てする価格帯を設定しています

自作のリピート系自動売買EA『slime-slayer』は、売り注文と買い注文の価格帯を分けて設定する、いわゆる「ハーフ&ハーフ」という機能があります。

この設定を活かして、揉み合いそうな価格帯に売り注文と買い注文が重なる価格帯を設定して、両取りを狙います。

今回のポンドドル(GBPUSD)では、1.24688~1.28688間の4000point(=400pips)を両建て設定しています。

設定項目設定値設定の特徴
売り注文上限価格1.33805ここより上だと
注文しない
売り注文下限価格1.24688両建ての下限
買い注文上限価格1.28688両建ての上限
買い注文下限価格1.19571ここより下だと
注文しない

「複利運用」設定で注文枚数を自動調整しています

自作のリピート系自動売買EA『slime-slayer』は、予め設定した固定枚数で注文を出し続ける「単利運用」と、証拠金に応じて注文枚数を自動調整する「複利運用」のいずれかを選択できます。

コツコツと利益を積み重ねてきて注文枚数を増やしたい場合でもEAが自動で調整してくれるので、「EA停止・未決済注文調整・EA設定変更・EA再実行」といった手間が省けます。

今回のポンドドル(GBPUSD)では「複利運用」を選択して、完全放置でどこまで利益を積み重ねるかに挑戦しています。

設定項目特徴
単利運用発注枚数を設定済みの
初期ロットに固定して
発注します
複利運用発注時の証拠金に応じて
注文枚数を調整します

順張り注文で証拠金を効率よく運用します

自作のリピート系自動売買EA『slime-slayer』は、設定値幅到達時に発注する「繰返し注文」と、注文方向と値動きが一致したときのみ発注する「順張り注文」のいずれかを選択できます。

潤沢な証拠金と狭い想定値幅で短期間でガンガン利益を積み重ねたいときは「繰返し注文」、限られた証拠金で中長期に渡ってジワジワ・コツコツ利益を重ねたいときは「順張り注文」と、目的に応じて注文方法を選択できます。

今回のポンドドル(GBPUSD)では残念ながら証拠金が乏しいので「順張り注文」を選択して、未決済ポジションの削減に努めています。

設定値特徴
繰返し注文値動きが想定値幅に到達すると
注文方向と値動き方向に関係なく
自動で発注します
順張り注文注文方向と値動き方向が
一致したときのみ
自動で発注します

想定値幅を広めの335point(33.5pips)に設定

自作のリピート系自動売買EA『slime-slayer』は多くのリピート系EAと同様に、値動きに追従する精度となる「想定値幅」を自由に設定できます。

今回のポンドドル(GBPUSD)では「想定値幅」を335point(=33.5pips)と広く設定して、少ない証拠金への負担を減らしています。

想定値幅」は運用する通貨ペアのボラティリティ(=流動性、値動きの激しさ)によって異なりますので、設定前に運用通貨ペアの特徴をよく調べることをオススメします。

想定値幅の設定値
※個人の主観による
特徴
150point以下・注文保持期間が短くなる
・注文回数が多い
・短期間に証拠金の負荷が増える
・低ボラティリティ向き
150~200point・注文保持期間がやや長くなる
・注文回数がやや少ない
・証拠金の負荷はやや増える
・ボラティリティを選ばない
200point以上・注文保持期間が長くなる
・注文回数が少ない
・証拠金の負荷が少ない
・高ボラティリティ向き