【自動売買EA】9/16週のポンドドルの利益は5,963円!

FX自動売買
FX自動売買 GBPUSD(EA)

9/9週から自作のリピート系自動売買EA『slime-slayer』の運用を始めて、9/16週は2週めになります。

この記事では自作の自動売買EA『slime-slayer』の週ごとの運用実績や設定方法、また『slime-slayer』開発の中で気付いたリピート系トレードの特徴などもまとめていきます。

のりポン
のりポン

9/16(月)の敬老の日にサウジの石油施設へのドローン攻撃テロから始まった9/16週。

ユンケル欧州委員長の「合意ある」英EU離脱の可能性が見えてきたことからポンドが買われる展開に。

翌日にはアイルランド外相による「合意ある」英EU離脱への否定的な発言で、再びポンドが売られる展開に反転。

その結果、両建て設定価格帯付近でもみ合って利益をコツコツ積み重ねることができました。

スポンサーリンク

自動売買EAによる9/16週のポンドドルの利益は5,963円でした

9/16週は9回決済して5,963円の利益でした

【自作のリピート系自動売買EA『slime-slayer』の9/16週の結果】
【自作のリピート系自動売買EA『slime-slayer』の9/16週の結果】

自動売買EA『slime-slayer』(ポンドドル運用)週ごとの利益結果

運用週決済数利益含み損益
9/9週6回3,876円
9/16週9回5,963円▲2,255円
合計15回9,839円
年率184.8%

9/16(月)~9/20(金)までの5日間で買いポジションを4回決済、9/16週の5日間で5,963円の利益が確定しました。

売り買い両建て範囲の1.24688~1.28688間に入ったこともあって、9決済中4決済が新たに売り注文として加わって決済頻度が倍になりました。

次週9/23週も、現在のEAの設定を変えずに引き続き運用します。

ポンドドル(GBPUSD)リピート系トレード戦略

【ポンドドル(GBPUSD)直近の日足】
【ポンドドル(GBPUSD)直近の日足】

9/16週のポンドドルは前週から値上がりして、売り買い両建て設定の下限1.24688付近(下から2本目の緑線)を上抜けしました。

XMでは同一口座内の両建てエントリーが認められており、売り買い枚数が同じであれば証拠金が相殺されて「0円」でポジションを持つことができます。

2018年と今年2019年は約9週間に渡って、1.24688~1.28688間での値動きが続いています。

次週9/23週も両建て価格帯でしっかりもみ合って、効率良く利益を積み重ねることに期待しています。

リピート系自動売買EA『slime-slayer』の設定値について

リピート系自動売買EA『slime-slayer』の運用環境は?

リピート系自動売買EA『slime-slayer』のポンドドル(GBPUSD)運用時の運用環境は、次の通りです。

EA運用項目運用内容
運用EA名slime-slayer(HH)_ver0.03-5.ex4
運用環境WindowsServer2012R2
(VPS上)
FX事業者XMTrading
レバレッジ888倍
対象通貨ポンドドル(GBPUSD)
初期証拠金138,781円
(入金:80,000円)
(XMボーナス:58,781円)

リピート系自動売買EA『slime-slayer』の設定値は?

リピート系トレードでは「安全・安心・安定」して利益を積み重ねるために、対象通貨ペアに合わせてリピート条件を柔軟に設定することが大切です。

リピート系自動売買EA『slime-slayer』のポンドドル(GBPUSD)は、次の設定値で運用しています。

設定項目設定値
売り注文上限価格1.33805
売り注文下限価格1.24688
買い注文上限価格1.28688
買い注文下限価格1.19571
単利・複利設定複利運用
注文方法順張り注文
想定値幅335point(=33.5pips)
初期ロット0.02(=2,000Lots)
スプリット5point(=0.5pips)
メール送信あり